HISTORYヒストリー

1965年(昭和40年)11月3日 数々の名勝負を生み出すこととなる習志野カントリークラブが、印西の地に開場した。

コース設計は、ゴルフコース設計の祖、藤田欽哉。
井上誠一の師匠格ともいわれ、日本のゴルフ黎明期を代表するコース設計家である藤田は自然の地形・起伏・池を生かしたコースの設計を得意としており、当コースも雄大なロングホールから起伏に富んだ戦略的ホールまで、自然の地形を存分に活かしたコース設計が特長。
1978年(昭和53年)千葉県香取市の習志野カントリークラブ空港コースの開場とともに当コースは、習志野カントリークラブキング・クィーンコースと改名し、まさに王者の名を冠したコースとして変革を遂げた。
また、高度成長期の中で、第一次ゴルフブームを支えてきた習志野カントリークラブは、1968年の日本プロゴルフ選手権大会開催を皮切りに、24年連続開催のサントリーオープンなど、幾多のトーナメントを開催し、多くの人に広くゴルフの楽しさを伝えることをコースの誇りとしてきた。
そして2016年には、「日本シニアオープンゴルフ選手権」を開催。メジャー大会は1977年の日本オープンゴルフ選手権以来の開催であったが、そのコースクオリティに対し、出場プロや大会関係者より、改めて高い評価を得た。
クラブハウス
高い技術と知的戦略を要求する当コースだが、その競技志向が故に訪れるプレーヤーもハイレベルな自己課題を次々と乗り越えていく。
そんなゴルフに対する高い理想が習志野カントリークラブの基本理念として途切れることなく続いている。
クイーンコース 16番ホール
キングコース 16番ホール